黒宮れい/黒宮れいのいた時代

2008年よりジュニアアイドルとしてデビュー、その後約8年にわたり映像作品出演を中心として活動してきた彼女には、先述の拙稿(本年5月1日付)でも選取した「田中美鈴」同様に数多くのイメージ作品が存在する。田中の出演作の多くが映像品質や撮影技法に頓着しない、いわゆるホームムービー的テイストなものであったのに対し、黒宮れいの作品は瀟洒なハウススタジオをロケの中心とするアイマックスの常套手法によって巧緻かつ鮮麗に綴られる。またイメージVの映像作品が画質向上傾向にあるなか、時宜を得た形でその大半がブルーレイディスクによる高画質版を包有している。イメージVの当該ジャンルではもはや“レジェンド”として扱われる存在となった彼女の、その膨大な作品群からごく一部の映像片を摘みあげる。

黒宮れい映像作品より抜粋(ブルーレイ/DVD/配信)


selection 1 click >>


selection 2 click >>


selection 3 click>>


selection 4 click >>


selection 5 click >>


selection 6 click>>


selection 7 click>>


selection 8 click>>

Featured Posts
Recent Posts
Search by Tags
Archives

麗人備忘録 Reijin Bibouroku

© 2015 reijin-bibouroku

mail : bibouroku-mail@reijin-bibouroku.com