小池彩夢/そして、小さな恋。

「そして、小さな恋。」2010/09/17 発売 竹書房(DVD)

作品は監督である上村知之氏(あるいは同氏が所属する映像制作会社「GUILD」)の常套手法であるところの、主観映像が主体となる仮想的な恋愛物語によって綴られる。各章とも簡素なドラマ要素に次いでイメージシーンの後続、というフォーマットが始終貫かれ、双方が同一シチュエーションの中で並立する。

本作は主演者・小池彩夢の、少女から大人の女性へと移ろいゆく須臾の間を刻る。 第二次性徴によって齎らされる彼女の急速な身体的変化は、遡ること僅か一年前にリリースされたイメージDVD「初恋」と比べても著しく顕著である。本作各章に於けるドラマパートからイメージパートへの変転後、彼女がみせる婉前とした所作や眼差し、ワンピースから露出する華奢ながらも滑かなカーヴを帯びた肩の線や、弓道衣の乱れた裾から露わになる腓腹部。それらに充分な成熟の表徴を感受できるだろう。






幼年期より俳優として数多くの映画やドラマ出演を果たしてきた彼女にとって、本作品のようなスキット形式の演出は至当なものといえる。教室や野球場、海岸、湖畔の森へと舞台を変え移ろいゆく短編オムニバスドラマの中で、それぞれに異なる心緒を提示し、恋愛に揺らめく主人公の情動を巧みに演じている。



back
Featured Posts
Recent Posts